ジェネリック医薬品を活用して家計に優しく

ジェネリック医薬品の正しい知識をつけよう


Home

日本の総医療費削減を実現するジェネリック医薬品

通常、私たちが市販されている薬を使うとき、新薬と呼ばれる先発医薬品を買って服用することが多いと思われますが、最近ですとジェネリック医薬品と呼ばれる後発医薬品も、かなり人気が出てきていることは確かです。この違いはいったい何かといえば、新薬はその開発にかなりの費用がかけられていますから、とても高価なものになってしまいます。こうした新薬というものは特許で守られることになるのですが、その期間が過ぎたものに関しては、多くのメーカーなどで同じものを作ることができるようになります。

新薬と同じ成分で作られたものが、いわゆるジェネリック薬と言われるものなのです。このジェネリック医薬品は、新薬のように開発コストがかかっていないので、価格もかなり安いものになります。いくら日本の医療費が海外と比べて安いとはいえ、継続して薬を処方してもらうと費用はかさみます。以前娘がインフルエンザにかかった時も治りに時間がかかり、友人から頂いたシャネル 買取に出して薬代・医療費に充てたことがあります。ジェネリック医薬品が広がれば薬代で悩むという人も減っていくかのように思えます。確かに同じ効果が期待できる点では注目すべきものでしょう。当然のことなのですが、こうして特許の切れた新薬を新たにジェネリック薬として発売するには、同じネーミングは使えなくなります。どうもこの点が多くの消費者たちを惑わせているように思われるのです。

日本でこのジェネリック医薬品というものは、正しく理解されるまでには多くの時間が必要だと思うのですが、まだまだ広まっているとは言えません。その数量シェアは22.8%(2011年9月現在)。これが欧米では50%以上の数量シェアになっているのです。これはやはりジェネリック医薬品に関する品質について、十分な理解がされていない現われだと言えます。ちなみに米国では医療保険会社などでジェネリック医薬品の使用を大々的に奨励しているのです。ジェネリック医薬品は、米国で71.6%、さらに英国では65.2%、ドイツでは62.9%のシェアとなっています(2009年)。この数値を比較しても、日本のジェネリック医薬品に関するシェアはけっして多いとは言えません。

日本の総医療費はのうち、約2割は薬などの費用で占めていると言われています。この総医療費を少しでも減らすには、ジェネリック医薬品の利用が大きな望みとなるのではないでしょうか。

ジェネリック医薬品は問題だらけ

ジェネリック医薬品はテレビCMでもどんどん宣伝されていることから、多くの人に浸透してきました。しかし、ジェネリック医薬品の半数以上に問題があると日本医師会の見解では言われています。ジェネリック医薬品にはどんな問題点が見られるのかというと、副作用に関する問題です。特に、循環器系の薬剤に関しての副作用の疑いが事例が多くなっているというアンケート結果が出ているところは誰もが気がかりに思うはずです。

それから、解熱鎮痛消炎剤に関しても問題点が挙げられています。例えば、長期に渡って投与することで薬剤性潰瘍を発症する可能性があるというのです。こうなってしまうと素人の私たちでもその安全性に危惧を示すことは当然のこととなってきます。ジェネリック医薬品は先発品と同様にきちんとした審査が行われているものです。ただし、薬剤の安全性や有効性などの全てを証明するような審査ではありません。そこが問題でもあります。

厄介なことに、厚生労働省が推進する医薬品となっているところも、多くの人に安心感を与えてしまいがちです。必ずしも安全とは言えない医薬品であることを念頭に置いて使用することがポイントです。今後、先発医薬品は特許が切れた後、価格が高止まりする可能性があります。価格の面も問題視していくことになります。この緊急調査結果はもちろん、厚生労働省にも提出されています。これから具体的に対応を要請し、問題点となっている箇所をどのように改善していくのか、問題点となった原因をどうやって探っていくのか、まだまだ課題が山積みの状態です。ちょうど資生堂がコラーゲンドリンクを大々的に広告をして、全国のドラッグストアに並べられ一斉を風靡して、流行りが落ち着いて問題が浮き彫りになったように・・。

ジェネリック医薬品を利用する私たちは、安全性の面を考慮して使用しないことも一つの手段と言えます。もしくは、副作用だと思えるような状態が起こった場合、早急に医療機関にかかれるような体勢を整えておくことも大事です。品質や効果、副作用など、問題ありとなった会社や銘柄が多いという点も覚えておくことが大事です。

ジェネリック医薬品が流行している理由

病院に行ったときに渡される処方箋を持って調剤薬局に行くとジェネリック医薬品を勧められることがあります。また会社の厚生課から保険組合の負担がたいへんなので安価なジェネリック医薬品を使いましょうという文書が送られて来ることもあります。ジェネリック医薬品とはいったい何なのでしょうか?

ジェネリック医薬品は特許の期間が切れた薬を同一成分同一製法で後発のメーカーが作った薬のことを言います。特許が切れているため、先発メーカーの権利を侵害することもありません。また、先発よりも安い値段で薬を売ることができるのです。医療費が高いアメリカでは、少しでも医療費を下げようとジェネリック医薬品が使われるのが一般的です。医療費問題はアメリカだけではありません。アメリカでのジェネリック医薬品の普及をみた日本でも、あおりを受けて今や急速に広まりつつあります。

有名な頭痛薬のジェネリック医薬品がドラッグストアで売られているのを見たことがあると思いますが、調剤薬局でも、ドラッグストアでも今やジェネリック医薬品を置いていない店がないくらいです。世界的に見てもジェネリック医薬品が広まるのを止めることはできません。たとえば、最近流行りのメンズ 脱毛もハリソン・フォードをはじめとした海外セレブが暴露したのをきっかけに日本でも急速に普及しました。ジェネリック医薬品に話を戻すとインドの製薬会社が作っているエイズ治療薬のジェネリック医薬品のおかげで、アフリカのエイズ患者が広まるのを抑えているのです。これは安価だからこそアフリカで普及している訳で、もしジェネリック医薬品がなければ、アフリカのエイズ感染者は急増し、エイズはもっと世界中に流行していたことでしょう。アフリカ人のみならず、世界中の人のためにもジェネリック医薬品は役に立っているのです。

日本に目を向けると医療費の負担は国の社会保障費に重くのしかかっているため、ジェネリック医薬品を使って経費を削減したいという国の本音もあります。私たち消費者も薬代が減るのは歓迎ですから、安全性や効果に問題がなければジェネリック医薬品を選択するという人がますます増えることでしょう。

No Comments
厚生労働省 日本薬剤師会 エーザイ
厚生労働省 日本薬剤師会 エーザイ
厚生労働省の後発医薬品の使用促進に関するページです。なぜジェネリックを推奨しているかなど確認できます。 普段の生活の中で、薬の事で気軽に相談できる薬剤師さん。頼りにしている分、薬剤師の事をよく知りたいという方はこちらのサイトをご覧ください。 エーザイのジェネリック医薬品に関するページです。企業としての立場からみたジェネリック薬品がどのようなものかがわかります。